本文へ移動

保育目標・保育の特徴

保育の基本の方針

  一人ひとりの子どもが安心感と信頼感をもって活動できるよう、子どもを主体としての思いや願いを受け止める

  子どもの生活リズムを大切にし、健康、安全で安定した生活ができる環境や自己発揮のできる環境を整える

  子どもの発達について理解し、子どもの個人差に十分配慮しながら、一人ひとりの発達過程に応じて保育する

  子ども同士の関係作りや互いに尊重する心を大切にし、集団での活動を効果あるものにするよう援助する

  子どもが自発的、意欲的に関われるような環境作りを心掛け、生活や遊びを通して幼児期にふさわしい体験が得られるよう保育する。

   一人ひとりの保護者の状況やその意向を理解、受容し、それぞれの親子関係や家庭生活に配慮しながら、さまざまな機会をとらえ適切に援助する

 

保育目標

園目標「子どもが真ん中」
 
大切にしたい
明るく素直な心
健康でいきいきと活動できる力
感謝する心
感動し驚く心
自己発揮できる力
 

保育の特徴

異年齢児保育

 異年齢児編成での保育によって自分より年上・年下の子どもと生活する体験を持つことで、同一年齢では得られない諸側面の育ちを見ることができます。

年下の子どもは年上の子どもに憧れたり遊びのモデルにしたりして、その姿を真似ようとします。

年上の子どもは年下の子どもをかわいがり喜んで世話をします。また、日々の保育活動や行事を経験するなかで、クラスのリーダーとしての自覚が芽生え、自信や意欲を持つ子どもになっていきます。

和太鼓

《音が合うって気持ちいいねJ 豊かな感性が育まれるように》

 未満児クラスの頃から、保育士とともに身体全体で音楽を感じたり、表現したりする楽しさを味わうことができるような環境を作っています。

 年長児のクラスでは、友だちの音を聞いたり心を合わせたりしながらひとつの音楽を作り上げる喜びや達成感をもつように和太鼓の演奏に取り組んでいます。

 子ども達は太鼓の曲が出来上がっていくなかで自然に「約束を守ること」や「努力すること」の大切さを学んでいきます。

体操教室(3~5歳児)・サッカー教室(4・5歳児)

《おもしろそう!やってみたい!を大切に》

 当園では週に1回、体育教室の講師による体育教室とサッカー教室をおこなっています。

この時間は、トレーニングのように特定の動きばかりを繰り返したり、運動の頻度や強度が高すぎて子どもたちの体や心の育ちにストレスが加わったりするような活動はありません。

 一人一人の子どもたちの興味や生活経験に応じた遊びのなかで、子どもたち自らが体を動かす楽しさや心地よさを実感することを大切にし、その遊びのなかで、多様な動きを身につけていくことができるような環境を工夫しています。

 楽しく体を動かす遊びは、生涯にわたってスポーツを楽しむための基礎的な体力や運動能力を発達させるだけでなく、複数の友だちとの関わりを通して、コミュニケーション能力、やる気や集中力、社会性や認知的能力などがはぐくまれる機会をあたえてくれます。

施設訪問(4・5歳児)

《おじいちゃん、おばあちゃんって、あったかいんだね》

 年間2回ほど施設を訪問させてもらい、お年寄りの方々とふれ合い、感謝の気持ちや尊敬する気持ちを実感できる機会を作っています。はじめて出会うおじいちゃん、おばあちゃんとも手をつないだり歌を歌ったりして、少しずつ心を通わせていくステキな時間です。

体操教室・サッカー教室・和太鼓教室の様子

社会福祉法人
和泉ふたば保育園
〒849-0902
佐賀県佐賀市久保泉町大字上和泉
1252番地2
TEL:0952-98-2809
FAX:0952-98-2953

認可保育園
TOPへ戻る